Talk to Your Heart

〜自由が丘カウンセリングオフィスのblog〜

You deserve it. :日本語ではうまく言えないけど、大切なこと。

You deserve it. 英語の本やドラマに、よくこんなセリフが出てきます。 「あなたには、それを受け取る価値がある」とか、 「あなたは、それに値する人なのよ」 という意味です。 You deserve it. 日本語で、なかなかこんなふうには言わないなぁと思ってしま…

こころのほどきかた:「マントについて話す」ということ

カウンセラーのクライエントさんへのかかわりは、しばしば、童話『北風と太陽』に例えられます。 旅人が着ているマントを、クライエントさんの心の防衛に見立てて、そのマントを何とかして脱がせようとする、“挑戦的”で“対立的”な「北風のアプローチ」。 一…

「自分を大切にする」ということ:甘やかしではない、自分との対話。

「自分を大切にする」っていうと、「それって自分を甘やすことにならない?」ってよく聞かれるけど、自分を大切にするってことは、自分の意思や主張を明確にすることだから、「お前はどうしたいんだ」って、常に自分自身との意思疎通を図らないといけなくて…

自分の親友になる:自分を責めるのをやめたいとき

思いやりには3つの方向があります。 1. 自分から他者へ(自分→他者) 2. 他者から自分へ(他者→自分) 3. 自分から自分へ(自分→自分) つまり、 1. 思いやりをあげる 2. 思いやりを受け取る 3. 思いやりを自分に向ける ということですが、これは一般的に、…

伝わる言葉で伝える:専門的なことをわかりやすく伝える工夫

伝えているつもりでも、うまく相手に伝わっていない感じがする。 そんな経験は、誰もがしたことがあると思います。 伝えていることと、伝わっていることは、イコールではありません。 だから、伝える言葉で伝える工夫というのが、本当に大切だなと思っていま…

「カウンセラーは自分の考えを言うべきではない」という誤解

大学で教えていた頃、「カウンセラーが自分の考えを言うのは、押しつけになると思う」という言葉に、頭を抱えていたことを時々思い出します。 カウンセラーには、「個人としてではなく治療者として」、自分の考えを時にはっきりと伝える責任があると、私は思…

自己肯定感の守り方:褒め言葉をスルメのように噛み続ける。

初学者の頃というのは、何事も不安なものです。 大学院修士2年生のとき、そして就職して3年目のとき、私は精神分析の大御所に自分のケースを見てもらうという体験をしました。 大学院生の頃の体験はこちらに書きました。 emotion-lab.hatenablog.com 就職し…

カウンセリングの役割:主観的な体験を大切にする場所

自分の体験だけを大切にできる場所。 自分の体験の正当性を、誰にも憚ることなく話せる場所。 SNSを通じて人々がつながりすぎる世の中で、カウンセリングという場は、そうした価値を持っています。 子どもの頃から、私たちは「人の気持ちを考えなさい」と言…

自由が丘カウンセリングオフィスからのお知らせ

緊急事態宣言解除後、オフィスのHPを通じて、対面でのカウンセリング、スーパーヴィジョン、教育分析へのお申し込みをいただいております。ありがとうございます。 talktoyourheart.com カウンセリング業界全体の今後を考えると、個人的には、オンライン・カ…

たくさんの感情に対処する:感情のレパートリーを増やす方法

前回の記事と関連して、今回は「感情のレパートリーを増やすこと」について書いてみたいと思います。 emotion-lab.hatenablog.com 恥に対する恐怖。 怒りに対する罪悪感。 悲しみに対する不安。 こんなふうに、私たちは、自分の感情に対する別の感情を抱くこ…

心のケアが必要な理由:ストレスは自分の内側からも生まれる

コロナ禍の生活を通して、今、多くの人が「自分の心のケア」の必要性を感じています。 あまり知られていないことかもしれませんが、私たちは、2つのストレスを感じています。 ・環境や他者から与えられる、外からくるストレス ・自分の心の中の不安や恐怖、…

放置した痛みは怒りに変わる:自分の痛みにまず気づこう

誰かに向かう怒りが「ちょっと強すぎる」と、自分でもし気づけたら、それは、あなたの中の痛みとつながっているのかもしれません。 誹謗中傷と批判の違いが、さまざまな媒体で語られるようになりました。 しかし、一部には、悪意のある誹謗中傷とも、建設的…

心の守り方:つらいときは、あたたかくてやさしいものに触れる。

最近のSNSの殺伐とした雰囲気がつらくて、ブログのほうへ避難しています。 災害や自死のニュースを耳にすると、サバイバーズ・ギルトからなのか、その報道をずっと追ってしまうのが私の悪い癖です。 他にもそういう方、いらっしゃるでしょうか。 こういうと…

心で感じて話すこと。心のかたち。

感情を感じること。 こころ(ハート)から話すこと。 子どもの頃は知っていたはずなのに(というか、それがすべてだった)、いつしか私たちは、頭で考えて話すこと、論理立てて話すことにとらわれるようになります。 大人になればなるほど、「考えて話しなさ…

力の借り方、貸し方、渡し方

他の人や物の力に頼ることは、「甘え」だとか、「依存」だと言われ、時にネガティブなニュアンスを帯びることがあります。 しかし一方で、「甘え上手」や「依存先がたくさんあること」が、大人には必要だと言われることもあります。 この「甘え」や「依存」…

メンタリストとカウンセラーの違い:心を読むひと、ほどくひと

私は実は、日常場面で自分の職業を明かすのが、あまり好きではありません。 カウンセラーだと名乗った途端に、相手をちょっと警戒させてしまうからです。 「今、心読まれてますか?」 「じゃんけん強いんですか?」 と、聞いてもらえたらまだよいのですが、…

結婚相談所では教えてくれない婚活成功の秘訣:愛着とパートナーシップ

新型コロナウイルス感染症の影響で、婚活やパートナー探しがストップしてしまった。 この時期、そんな方も多いかもしれません。 でも、婚活が思うように進まない間は、「自分のアタッチメントパターンに目を向ける」活動をしてみるのもオススメです。 結婚相…

顔文字を選ぶという体験とカウンセリングの共通点

「感情を言葉にする」は、まだわかる。 「体験を探索する」って、一体なに? 心理学に関心のある一般の方が、臨床心理の専門書を読むと、こんなふうに思うんじゃないかなぁと、よく思います。 専門用語まではいかなくても、独特の表現というのが、専門書には…

違和感に耳を傾けると、心の痛みが見えてくる。

暴力や暴言などではないのに、なぜか力を奪われたり、自分の行動が正しかったどうかと不安にさせられるような言葉って、ありませんか。 今日は、そんな体験に関する記事を書いてみたいと思います。 先日、購読しているメルマガでこんな言葉を目にしました。 …

泣きたくても泣けない人へ

「泣いたところでどうしようもない」 「怒っても何も変わらない」 相手は励ましの意味で言っているのだとしても、こうした言葉には、本来感じるべき感情を「感じても意味がない」というメッセージが込められているような気がします。 目の前の現実が変わらな…

過去から今、そして未来へとつながっていくもの

同業者の集まりや勉強会で、たまに「先生の論文、読みました」などと声をかけてもらえることがあります。 そのとき、執筆者本人は、穴があったら入りたいくらい恥ずかしい気持ちになるのですが、論文であれ、ブログであれ、伝えた言葉であれ、自分が発信した…

季節が変わるように、人も変わる。

ここのところ、クライエントとのカウンセリングで、「時間をかけること」の大切さを感じる出来事が、立て続け起こっています。 カウンセラーは、もちろん、クライエントの時間を無駄にせず、なるべく早く悩みを解消できるよう、カウンセリングの技術を日々磨…

毒親育ちという生きづらさの背景にある、感情と愛着のこと。

毒親という言葉は、慎重に使いたいと思っているけど、この言葉が、多くの人の生きづらさをすくい取り、形にしていて、カウンセリングの門を叩くきっかけになっています。 そのこと自体は、とても大切です。 心の痛みには、名前がつきにくいので、「毒親育ち…

安心できる人の存在は、人生の宝物。

人と人との絆のベースにある「愛着」について学ぶと、私たちがいかに、大切な人とのつながりを維持しようとして、奮闘してきたのかがよくわかります。 自分の感情や欲求を表すことで、大切な人とのつながりが失われてしまうかもしれない。 そんなふうに感じ…

不安に負けないこころ

子どもの頃、よく父親が子守唄を歌いながら、私を寝かしつけてくれました。 レパートリーなんてありません。 いつも同じ曲。 同じフレーズの繰り返し。 時折、裏返る声。 頭の中のカセットテープで、何回でも再生されます。 新型コロナウィルスの影響で、漠…

“違う”から起こること、“違う”から必要なこと。

新型コロナウイルス(COVID-19)による世界的な影響が続き、日本でも都市部に緊急事態宣言が出る中、最近は、この事態から何を学ぶかということを考えています。 近所のカフェは、ここ数日、座席数を減らして、社会的距離(Social Distancinng)に配慮すると…

カウンセラーがクライエントに心配されるということ

このようなご時世なので、オンラインでカウンセリングを行うと、クライエントさんから、 「東京のほうは大丈夫ですか」 「先生、くれぐれもご自愛くださいね」 という言葉をいただきます。 ここのところ、セッションの最初と終わりには、私とクライエントさ…

感情を大切にすると、平凡な人生になる?

今日はちょっと、思いついたことを書いてみます。 先日の記事を書いているときに、ふと思ったこと。 それは、「感情を大切にしていない人生って、昼ドラみたいだな」ということです。 emotion-lab.hatenablog.com ・周りの人に当た散らして、職場で孤立し、…

感情を「大切にする」ってどういうこと?

感情を大切にするということは、「感情のままに行動してもいい」ということではありません。 でも、感情について大学で講義をしたり、twitterなどで呟いていると、多くの人がこの点を誤解していると感じます。 今日は改めて、この点についてきちんと書いてみ…

生きづらさを感じている君へ:今ここにないものを想像する力

人生における生きづらさの放物線を描いてみると、どんな形になりそうですか。 私の生きづらさのピークは、思春期の頃でした。 両親のルーツも地元ではなかったせいか、生まれ育った土地に愛着が持てず、早く大人になって地元を出たいと思っていました。 学校…