emotion laboratory

感情は人生の羅針盤

亡くした後に残るもの

熱く、大切な意味を持つ感情は、悲しみであれ、怒りであれ、震えやバイブレーションをともなって、身体の深いところからこみ上げてくるものです。

大切な人を失った悲しみ。

そこには深い悲しみだけではなく、その人を恋い慕い、求めてやまない愛もまた、同時にあるのだと思います。

ネパールの大災害に心を痛めている方も多いのではないでしょうか。

家の近所でも、交通死亡事故が起きたようで、道路の脇に手向けられた花たちに、亡くなった方への愛と、残された人たちの悲しみがあふれているのを感じる日々です。

深い悲しみの裏側に間違いなくあるのは、こんなにも自分にとって大切な人がいた、という事実。

こんなにも私は、あの人を愛した、愛させてくれた、という歴史。

悲劇は、もしかすると、自分自身が愛にあふれた存在であったことに、気づかせてくれるものでもあるのかもしれません。

失ってしまった。何もかもなくなった。もう二度と戻ってはこない。

胸に開いた空洞に、ただ慟哭だけが響いているようなときでさえ。

こんなにも悲しくてつらいのは、愛していたからだと思えたら、少しだけ、希望と自分自身を取り戻して、未来を信じることができるような気がします。

愛する対象を失っても、愛する力は自分の中に息づいている。

そしてその力はまぎれもなく、失った大切な人が自分に残してくれたものなのです。


思い出せなくなるその日まで - YouTube


ささえる人の歌 back number - YouTube