Talk to Your Heart

emotions are colors of our lives

感情を表すこと・感じること

大学院の授業で、学生さんたちに、次のような課題を出しました。

「映画、動画、本、小説、歌、詩などの媒体を用いて、感情に関する授業で学んだことを解説するプレゼンテーションを行ってください」

グループごとに、全部で5つの発表が見られましたが、どれも大変興味深いものでした。

その発表の中の1つに取り上げられた動画がこちらです。


TOSANDO music CM 披露宴編 full

AEDP(加速化体験力動療法)という統合的心理療法では、セラピストが行う重要な介入として、「making implicit explicit(はっきりしていないものをはっきりさせる)」というものがあります。

感じられている感情を言葉にすることで、よりその感情の体験が促進され、クライエントの変化を後押しするという考え方からです。

でも、日本人というのは、この動画に見られるように、感情をはっきり言葉で伝えるというのは、なかなかやらないものです。

心のなかには、伝えたい想い(気持ち・感情)がこんなにたくさんあふれているのに。

何も語らず、おぼつかない指先でメロディを奏でる。

この父親の姿は、言葉などなくても、見ている人の心を打つのですね。

日本人はもしかしたら、文脈を捉える力に長けているのかもしれません。

例え、母親を亡くした父娘という背景を知らなくても、娘の結婚式にピアノを練習していた父親の姿を想像するためで、胸に熱く込み上げてくるものがあるでしょう。

その人が、今ここに来るまでに、どんな道のりを歩んできたのか。

そして、これから、どんな道のりを歩んで行くのか。

そうしたことに想いを馳せる時、言葉にするよりもずっと大きな感情の波が、私たちの心に押し寄せるのだと思います。

感情は表すだけでなく、こうして胸の内に抱えられ、しっかりと体験されることで、私たちに様々なことを伝えてくれます。

それは時に、言葉にできないような、言葉にしたら急に感動が薄れてしまうようなものなのかもしれません。

感情と言葉の関係は、なんだかとても複雑で、ただし、その複雑さを生きることが、カウンセリングの中でも大切なことだと感じました。

 

 

考えすぎてしまう人へ:不安やつらい状況への対処パターンとしての「考え癖」

カウンセリングをしていると、自分の体験や自分の気持ちから離れて、「ああでもない、こうでもない」と考えるクライエントに出会います。

そんなときは、カウンセラーとしての私の胸には、ふたつの思いがあります。

一つは、「頭で考えることから、心で、身体で感じる方に向かいたい」という思い。

もう一つは、「あぁ、この方はこれまでも、こうして考えることで、辛い状況を生き延びて来られたんだな」という思いです。

生き延びたという表現は少し大げさに聞こえるかもしれません。

その方にとっての対処パターンと言い換えてもいいと思います。

確かに、考えすぎると、自分が感じていることがわからなくなって、堂々巡りになってしまうものです。気持ちも落ち込む一方で、そんな自分が嫌になってしまう人も少なくないでしょう。

でも、そんなふうに「考えすぎる自分」が生まれてきたのには理由があります。

その自分が必要だった時期が、人生のどこかできっとあったのです。

特に、まだ物事を多角的な視野からみることのできない子どもは、親が不機嫌になっている理由を一生懸命考えます。

例えば、母親の機嫌の悪さが、ストレスフルな職場で嫌な思いをして帰ってきた場合であっても、「自分が何かしてしまったのではないか」「あぁ、そういえば、おもちゃをあったところに片付けなさいといつも言われているのにやっていなかった」「お母さんはきっとそのことを怒っているに違いない」「いや、でも、それは少し前の話なんだけどなぁ」などと考えます。

核家族化やSNSによるコミュニケーション手段の発達によって、母親の不機嫌の理由を子どもが漏れ聞くこともなくなった現代では、ますます、「考えすぎてしまう人」が増えてしまうかもしれません。

母親がなんだか不機嫌そうで不安に思っている自分の心に注意を払うことよりも、いつもの優しいお母さんに戻ってもらうために、どうしたらいいのかと考えることが日常化すると、自分自身の気持ちを感じることがどんどんおろそかになってしまいます。

そして、このパターンは他の人とかかわるときの雛型になっていきます。

いつも人の気持ちを気にして、自分の気持ちを後回しにしているせいで、対人関係で疲れや楽しめなさを感じ、人とかかわるのが億劫になってしまうのです。

もちろん、このパターンを修正することは可能です。ただ、そのためには意識的に、自分の心に気を配る練習することが必要になります。

それを一緒にやることが、カウンセリングです。

自分の気持ちを感じてもらうために、日常生活でこんな宿題を出すこともあります。

「考えすぎる自分」に気づいたら、心の中で次のように言ってみてもらいます。

「今までたくさん頑張って来てくれてありがとう。でも、そろそろ、違うパターンも取れるようになっていきたいと思ってるんだ」

「きみがまったく必要じゃなくなったというわけじゃないけど、自分の気持ちにも耳を傾けてみたいんだ。ずっと無視して来てしまったからね」

「だから、ちょっとだけ考えるのをお休みして、自分の心や身体に聞いてみる時間をとってもいいかな?」

自分と対話をするというのは、慣れないうちは、かなり変な感じがすることだと思います。でも実はこれが、とても効果のある方法です。

もし、あなたの中にも「考えすぎる自分」がいるとしたら、そんな自分のことを嫌うのではなく、これまでの労をねぎらい、感謝の気持ちを伝えてください。

その上で、今までとは違う自分になることに協力してもらえるといいなと思います。

考えすぎる自分も、その人の大切な一部です。

新幹線内殺傷事件からおもうこと。

新幹線内殺傷事件から、まもなくひと月が経とうとしています。

加害者側の視点から、そして被害者側の視点から、さまざまなことを考えさせられる事件でした。

まず、「容疑者には、精神科既往歴があった。」と当たり前のように報道されるこの言葉には、やはり違和感を覚えました。

確かに、事実かもしれません。でも、それがあたかも犯罪の背景であり、犯罪の理由であるかのように報道されるのはおかしいと感じます。

むしろ、加害者となった人たちが受けてきた差別や偏見が、彼らを孤独にし、自己嫌悪と怒りと屈辱でいっぱいになった心が、社会への復讐としての犯行に及んでいるように思えてなりません。

犯罪の理由は、精神疾患ではなく、孤立と怒り、そして屈辱だと思います。

もちろん、被害に遭われた方、命を奪われた方、そのご家族の気持ちを思うと言葉もありません。自分の家族が同じような目に遭ったら、加害者にどんな事情があろうとも極刑を望むでしょう。

ただ、こうした事件の加害者たちを「人でなし」扱いし、社会から排除し続けるだけでは、同じようなことが繰り返されるだけのような気がします。

新幹線内での殺傷事件が起きたのは、6月9日。10年前の6月8日は、奇しくも秋葉原で7名もの犠牲者を出した殺傷事件が起こった日でした。

www.chunichi.co.jp

この10年で、社会は一体何を変えられたのか。

今回の事件から、そんな問いを突きつけられた気持ちです。

加害者の男性は、「自分には生きる価値がない」「死にたい」と話していたとの報道がありました。彼の犯行に同情の余地はないですが、自分がいかに大きな孤独を抱えているか、誰かにわかってほしいというサインを発し続けていたのかもしれません。

加害者のご家族を批判する声も聞かれますが、精神障害を抱えた身内を、家族だけがサポートしていくには限界があります。医療機関や行政、地域が、当事者と家族を孤立させないことが大切です。

社会が受け皿になり、精神障害への偏見と差別を失くしていくことが、悲しい事件を失くすことへつながっていく。そのためには私たち臨床心理士やカウンセラーが、社会に向けて正しい情報を発信していかなくてはいけないと思います。

そして、この事件の詳細をきいて、この映画のことを思い浮かべた方も少なくないかもしれません。

eiga.com

2015年にアムステルダム発パリ行きの特急列車内で起こったテロ事件が題材となっています。ここでは、犯人に立ち向かった3人の男性がいましたが、全員命を落とすことはありませんでした。

犯罪に果敢に立ち向かう人が生き残れる社会と、そうでない社会。

私たちは後者に生きているということもまた、この事件が私たちに投げかける大きな課題であるように思えてなりません。

話してくれてありがとう。

こちらの書籍の帯の言葉、私はとても好きです。

「相談してくれてありがとう」

勇気を持って打ち明けた相手を受け止める、大切な言葉だと思います。

SNSカウンセリング入門: LINEによるいじめ・自殺予防相談の実際

SNSカウンセリング入門: LINEによるいじめ・自殺予防相談の実際

 

 つらいことを打ち明けるときの心は、無防備で傷つきやすい状態にあります。

だからこそ、会ったこともない専門家よりも、身近な人、自分を傷つけないだろうと確信できる人に、最初に打ち明ける人もいます。

学校でいじめられていること。

性被害にあったこと。

大学の研究室になじめず、居場所がないこと。

職場で上司からひどいパワハラを受けていること。

配偶者からの暴力や暴言に悩んでいること。

でも、「その事実を受け入れる」ということは、身近な存在だからこそ難しい場合もあります。自分の子どもに、きょうだいに、恋人に、友人に、そんなことが起こったなんて思いたくない。そんな気持ちが働くのは当然のことです。

でも、思わず発せられた次のような言葉は、相手の心を深く傷つけます。

「あまり深刻に考えない方がいい」

「そんなことは忘れた方がいい」

「そういうことはどこに行ってもあるものだよ」

こうした言葉たちは、実は、相談された側がその事態を受け止めきれないが故に発せられることが多いのです。

「どこにでもあること」だから「考えないで」「忘れて」ほしいという思いは、本当はそれを受け止めきれない「自分のため」なのです。

もちろん、決して故意にではないのですが、十分気をつけておかないと、私たちは容易にfor me をfor you、「あなたのため」というメッセージにすり替えてしまいます。

つらい体験を打ち明けられると、受け止める側の心も傷つきます(二次受傷)。

でも、どうか、ぜひこう言ってあげてください。

「大切なことを話してくれてありがとう」

「相談してくれてありがとう」

あなたは、傷ついた心を抱えた相手が、この人ならと思った相手なのです。

そこにはとても大きな信頼があります。

あなたを信頼して、勇気を出して話してくれた相手の言葉を、どうか「ありがとう」と受け止めていただけたらと思います。

大切なことだからこそ。

この番組の国内での放送を強く望みます。

www.bbc.com

「臭いものには蓋をする」という諺がありますが、本当に聞き届けられるべき声に対しても、こうした扱いをされていることはとても多いと感じます。

性被害に遭った人たちの声。

精神疾患に苦しむ人たちの声。

身体的なハンディキャップを抱える人たちの声。

これらは、決して「臭いもの」ではないはずなのに、なぜか「蓋をされ、隠され、なかったこと」にされます。

当事者もまた、なかなか声を上げることはできません。

被害は、当事者の中にだけ押し込められ、明るみに出ないまま、当事者を痛めつけ、傷つけます。

この番組を放送する勇気ある常識あるメディアがあればと思います。

誤解してほしくないのは、決して日本人の男性を責めているわけではないということです。

寄り添うことは簡単なことではないですが、性被害に遭ったパートナーを理解し、支えるために行動を起こしている男性たちもいます。

news.yahoo.co.jp

ジェンダーや性別を越えて、女性と男性が一緒に、性暴力に対してNoをつきつけることが大切です。

性暴力の被害に遭うのは、何も女性だけではないからです。

もし男性の方で、自分が、ということではなかなか想像ができないとしたら、自分の家族が、と思ってみてください。

自分の母親が、

自分の姉が、妹が、

自分の妻が、自分の娘が、性暴力の被害に遭ったらと。

被害者と加害者だけの問題ではありません。「私たちの問題」として、考えていくことができたらと思います。

痛んでいない部分へのまなざし

医原病という言葉があります。

厳密には、「医療行為が原因で生じる疾患」のことを指しますが、カウンセリングのなかで、クライエントのつらい過去の出来事や、愛されていなかった記憶にばかり焦点を当てることは、この「医原病」を作り出してしまうことになりかねません。

時には、クライエントのまなざし、あるいはカウンセラー自身のまなざしを、「痛んでいない部分」へ向けることが、とても大切だと思います。

両親には愛されなかったけれど、祖父母からはたくさんの愛情を注いでもらった。

思うように身体は動かなくても、日々呼吸し、楽しいときには笑ったり、笑顔になれることもある。

ひどい裏切りに遭い、心はボロボロだけれど、信頼できる人たちとのつながりもある。

つらく悲しい出来事があったけれど、それを話せる相手がいて、また、自分自身にもそれを話す力がある。

問題に立ち向かっていくときほど、自分がどんな力を持っているか、自分にはどんな味方がいるかを確認する必要があります。

カウンセラーが、そうした力や味方を見つけるためのもう一つの目になることができたらと思います。

見つけて、届ける美しさ:DoveのCMから

今日は朝から感動的な動画を見て、目頭が熱くなりました。


ダヴ: リアルビューティー スケッチ | あなたは自分が思うよりもずっと美しい

容姿は、コンプレックスになりやすいです。

世界が理想としている姿、あるいは、自分が理想としている姿に少しでも近づけようと、お化粧をしたり、ダイエットをしたり、笑顔の練習をしてみたり、美容整形という手段を取る人もいます。

容姿をめぐるコンプレックスは、強い恥や恐怖と結びつき、摂食障害醜形恐怖といった精神疾患を引き起こす場合もあるほどです。

ただ、こうしたコンプレックスは何も特別なものではなく、すべての人が持っています。

隠す、変える、ケチをつける、目を背ける。

自分ではそんなふうにしか扱えなかった部分も、ほかの人から見たら違って見えているということを、この動画は伝えてくれています。

カウンセラーとしては、容姿だけではなく、心の有り様にも同じ気持ちで臨みたいと思いました。

いいところを見つけようとしなくても、ただ、相手の心の動きや生き様を見ているだけで、見えてくる美しさって、クライエントにお会いしていると、確かにあるものです。

カウンセラーは鏡にもなれないし、絵も描けないので、見えてきたその美しさを、相手にきちんと言葉で伝えたい。

そうして、クライエントにも、今まで知らなかった自分に出会ってほしいと思います。

「わかる」は相手を他者として認めることからはじまる。

先日、共感をテーマにした大学院の授業で、学生たちに、以下の①〜④のコミュニケーションのうち、どれが子どもにとって最も有害なコミュニケーションだと思うか、ディスカッションをしてもらいました。

(ちなみに、以下の例は鷲田清一さんの書籍『じぶん・この不思議な存在』(pp.115-116)を、一部修正したものです。)

 

例:学校から駆け出してくる幼い男の子を、母親が手を広げて待っている場面

①男の子は母親に駆け寄り、彼女にしっかり抱きつく。彼女は子どもを抱きしめて言う。「ママのことが好き?」 彼はもう一度母親を抱きしめる。

②学校から駆け出してきた男の子を抱きしめようと、母親は腕を開くが、彼は少し離れて立ち止まる。母親は言う。「ママのことが好きじゃないの?」。子どもは言う。「うん」。「そう。いいわ、おうちへ帰りましょう」

③学校から駆け出してきた男の子を抱きしめようと、母親は腕を開くが、彼は近寄らない。母親は言う。「ママのことが好きじゃないの?」。子どもは言う。「うん」。母親は子どもに平手打ちをくらわす。「生意気言うんじゃないよ」

④学校から駆け出してきた男の子を抱きしめようと、母親は腕を開くが、彼は少し離れて近寄らない。母親は言う。「ママのことが好きじゃないの?」。子どもは言う。「うん」。母親は言う。「でも、あなたがママのこと好きなんだってこと、わかっているわ」。そして、子どもをしっかりと抱きしめる。

 

とても意外だったのは、①〜④のすべてが、有害なコミュニケーションとして選ばれたということでした。臨床心理を学ぶ学生たちなので、深読みするところもあったようです。

私が、この例を通して考えてもらいたかったのは、いくら心理療法において、共感が大事と言っても、この共感とは、「決して相手そのものになるのではない、つまり、相手のことを相手自身、あるいはそれ以上にわかったつもりになるということではない」ということです。

例えば、④のように、相手の感じていることをまったく無視して、「いいえ、あなたが感じていることは、本当はこういうことなのです」などというのは、共感でも何でもなく、クライエントを再び自他の境界が曖昧な、混沌の渦に巻き込むことになりかねません。

②や③は、少なくとも子どもの意思が相手に受け入れられているという点で、救いがあると感じます。

しかし、④のようなコミュニケーションは、子どもが親とは異なる意思を持つ存在として認められていません。鷲田氏はこのような関係では、「ふたりのあいだに自他という関係が発生しようがない」と書いています。

わかる、というのは難しいことです。

わからないからこそ、相手の世界を理解しようとし続ける。

これこそが、共感の本当の姿だと思うのです。

この「わかる」力を過信した時、カウンセラーはクライエントにとって脅威になる。

そんなことが、私の拙い説明から、学生たちに伝わっていたらいいなと思います。

 

じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

 

 

  

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)

人の心はどこまでわかるか (講談社+α新書)