Talk to Your Heart

emotions are colors of our lives

怒りを溜め込まない方法:ポートレイアルというカウンセリングの手法

怒りは嫌われがちな感情だ。

カウンセリングのセッションでも、クライエントの体験が深まりにくくなるのは、彼らが自分の中の怒りに気づいたときだったりする。

「今ここで怒ったりしたら、カウンセラーからどう思われるだろう」

「怒るなんてみっともない」

そんな声が聞こえ、怒りにフタをしようとする。

カウンセラーは、せっかく出て来そうだった怒りを慌てて追いかける。

怒りをコントロールするとは、怒りを抑え込むことではない。

もう一度言う。

怒りをコントロールするとは、怒りを抑え込むことではない。

ではどうするのか?

カウンセリングでは、「ポートレイアル」という技法を使う。

怒りの声に耳を傾け、怒りがしたいことを、イメージの中でやってみるのだ。

 

例えば、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、タランティーノ監督が、映画を通して“ポートレイアル”をやっている。


映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告 8月30日(金)公開

(以下、ネタバレ有り)

この映画のストーリーは、ハリウッドの若手女優、シャロン・テートが惨殺された実際の事件がモデルとなっている。

タランティーノ監督は、シャロン・テートが大好きだったらしく、いわば、この映画はタランティーノ監督の犯人たちに対するリベンジの物語だ。

映画の中で、ヒッピーたちが惨殺されるシーンは、目を覆わんばかりのひどいもので、最後には火炎放射器まで登場し、ヒッピーを黒焦げにして終わる。

監督の“怒り”は、やりたいことをやり尽くした感じだ。

 

もちろん、実際に人を傷つけるのではない。

ただ、心の中で、収まらない怒りにこう聞いてみるだけでいい。

「イメージの中なら、何でも自由にやっていいよ。何をしたい?」と。

 

失敗を笑った上司の鼻に、割り箸を突っ込んでやりたい。

満員電車の中、ずっと肘で身体を押して来た女性を、怒鳴りつけてやりたい。

嫌味を言ってくる先輩を、一発殴ってやりたい。

 

それを、“イメージの中で”やってみる。

これは、実際にやるためのリハーサルではない。

あくまで、怒りを感じ切るためにやることだ。

怒りを感じ切ると、清々しさとともに、自信や誇り、強さが身体中に満ちてくる。

 

そもそも、自分が失敗したのは、上司の指示が間違っていたからじゃないか。

私は満員電車に乗っても、肘で人を押したことなど一度もない。そんな自分が誇らしい。

嫌味を言うことでしか、人と関われないなんて、かわいそうなやつだ。

 

そんな気持ちになれば、怒りは役割を終えて、自然とまた心の深いところに戻って行くだろう。

「君が傷つけられるようなことがあれば、いつでも戻ってくるよ」と言い残して。

 

大切なのは、腹が立った気持ちを、そのままにしないこと。

安全な場所、秘密が守られる場所で、カウンセラーと一緒に、怒りを溜め込まない方法んでみるといいかもしれない。

あなたも『美女と野獣』のベルになれる:自分の感情と向き合ったら、何が起こるのか

『おやゆび姫』然り、『美女と野獣』然り。

自分とは違う醜い生き物が、素敵な王子様に変わる。

おとぎ話によくある筋書きです。

感情や体験に注目したカウンセリングをしていると、この“醜い王子様”たちは、自分自身の中にある、見たくも触れたくもない“醜い感情”を、象徴しているのではないかと思えてきます。

(“醜い”は、“見にくい”)

傷ついたまま、無視され、ずっと孤独だった自分の感情に対して、『美女と野獣』のベルのように、試行錯誤を繰り返しながら一緒にいようとするって、とても大切なことです。

感情のことをよく知ろうとして、好奇心と優しさを持ちながらかかわり続けていくと、その感情は、いつしか必ず、自分を守ってくれる頼もしい味方になります。

これは確かに、“いつの時代も変わることのない真実”。

感情との正しいかかわり方がわかると、人はこれまで自分がしてきた“過ちに気づく”のです。

この歌詞は秀逸。

ディズニー映画って本当によくできている。


アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドが歌う実写版『美女と野獣』主題歌MV

 

 

感情の役割と機能:例えば、悲しみについて

「感情なんてなくなってしまえばいいと思っていたけど、どんな感情にも意味があるんだとわかってよかった」

感情の機能と役割について、授業で話すと、学生がよくこんなコメントをくれます。

進化の歴史とは、退化の歴史でもあり、生存に不要なものは容赦なく淘汰されていくのが、進化のプロセスです。

感情は、そんな進化の歴史を生き残ってきました。それは、感情は、ヒトという種が生き残り、反映していく上で大切な役割を果たしてきたからなのです。

特に、基本感情(怒り、恐怖、嫌悪、悲しみ、喜び)は、ヒトが生まれながらにして持っている感情で、これらの感情は、ヒトが言葉を覚えるまでの重要なコミュニケーション・ツールであり、それぞれに固有の機能と役割を持っています。

例えば、恐怖には、危険を察知して身を守るという役割があります。恐怖がなければ、私たちはスカイツリーのてっぺんから、いとも簡単に飛び降りてしまうでしょう。

怒りには、土足で踏み込んでくる他者に対して、適切な境界線を設けるという役割があります。怒りがなければ、私たちは、ずる賢い人から利用されてしまいます。

悲しみには、活動性を減らすことによって、大切なものを失ったショックから立ち直るための英気を養い、他者からの思いやりを引き出すという役割があります。

悲しみは、大切なものを失った時に私たちが感じる感情ですが、失った痛手を和らげるために周囲の人々とのつながりを強めてくれるのです。

映画『インサイド・ヘッド』は、この5つの基本感情がキャラクターとして描かれた、とても興味深い映画でしたが、この映画のなかで、悲しみの役割が描かれている場面を紹介します。


Inside Out - Sadness helps Riley

引越しによって失った大切な仲間や思い出の場所には、もう戻れない。でも、それを一緒に悲しむことで、家族の結びつきが深まり、喪失を乗り越えられる。

そんな場面が描かれています。

確かに、感情はいつもいい感覚を伴うものではありません。生きていれば、感情があるが故に傷つく場面にも多々遭遇します。

しかし、そんなときには、自分の心にこう問いかけてあげてみてください。

「この感情(気持ち)は、何のためにここにあるんだろう」

「この感情が、私に伝えようとしていることって、何だろう」

感情は本来、あなたを守るためにあるものです。

あなたにとって大切なことを伝えようと、一生懸命声を張り上げているのかもしれません。

フォーカシング的態度とresponsibility

「子どもの頃、親に自分の感情をしっかりと受け止めてもらえなかった。

 それはあなたの責任ではない。

 でも、それによって今も生きづらさを抱えているとしたら、

 それを変化させる責任は、あなた自身にある。」

 

感情に注目した心理療法の本を読んでいると、時々こうした記述を目にすることがあります。

責任=responsibility。

責任と聞くだけで、肩や背中がズーンと重くなる感じがする人もいるかもしれません。

しかし、英語で書くと、responsibility。つまり、response+ability です。

哲学者の鷲田清一さんは、resposibilityを上のように分解して、こう訳しました。

「応じる用意がある」

このニュアンスに沿って、冒頭の言葉をもう一度読んでみると、どうでしょうか。

今、自分が感じること、その一つ一つに、きちんと応じる用意がある。

そんな自分になっていくことが、カウンセリングにおける目的の一つです。

 

そして、これは、いわゆる「フォーカシング的態度」や「マインドフルネス」、あるいは「セルフ・コンパッション」によってもたらされる状態と、とても近いと思いました。

日々、生きているだけで、私たちはいろんな感情を体験します。

満員電車や人ごみでの苛立ち。

頑張りを認められない悔しさ。

理不尽な上司への怒り。

好きな人に想いが届かない悲しさ。

 

その一つ一つの感情に、他の誰でもない、自分自身が「応じる用意」をする。

「どうしたの」

「悔しいね」

「腹が立つよね」

「つらかったね」

まずは、そんなふうに、自分の感情に気づいて声をかけることから始めてみましょう。

それが、心の健康だけでなく、ひいては良好な対人関係、仕事のパフォーマンスの向上につながっていくのです。

日常のコミュニケーションと心理療法の技法

先日、とある用事で、データ印刷のお店に行った。

対応してくれた店員さんと、用紙のタイプや加工について相談していたとき、私の背後にある自動ドアから、別のお客さんが入ってきた。

その人は入ってくるなり、店員さんに「○○ってできます?」とだけ聞いた。

あからさまに苛立っているわけではないけど、早口で、硬い木の棒がスコンと飛んでくるようなトーンだった。

店員さんが答えると、その女性は先ほどと同じトーンで「すぐできます?」と聞いた。

対応する店員さんの声にも抑揚がなくなり、能面みたいなトーンになっていった。

結局、その女性は、自分の求めていることはできないと思ったようで、そのままお店を後にした。

「こんにちは」の一言があるだけで、ずいぶん違っただろうなぁと、改めて【挨拶】の大切さを感じたし、「すみません」「ちょっとお尋ねしたいんですけど」といった、相手に【許可を取る】コミュニケーションも、店員さんに気持ちよく対応してもらい、結果的に自分も満足するために、役に立っているんじゃないかなと思った。

コミュニケーションは、言いたいことを言葉で言うだけじゃない。

自分が伝えている内容を、相手が受け取りやすくするために、私たちは表情や声のトーン、話し方をさまざまに変化させるという、こんなめんどくさいことを、進化の過程においても捨てずにきたのだ。

人間という種が守り、受け継いできた知恵は、極力使ったほうがいいなと思った。

そしてふと、フォーカシングやAEDPといった心理療法の介入技法の中にも、【挨拶】や【許可をとる】工夫があることに気づいた。

心理療法の土台には、細やかなコミュニケーションがあり、それは日常でも使い、磨いていけるものなのだ。

FAQ:カウンセラー初学者の場合 ①

カウンセリングを「学んで、実践する」立場から、「学んで、実践し、教える」立場になって、数年が経った。

カウンセラーやセラピストを志す心理臨床家の卵たちと、授業やスーパーヴィジョンで接していると、「見立てを伝え」たり、「病理や問題の成り立ちを共有」したりすることは、「クライエントを操作する」ことになるのでは、と心配する声にたびたび出会う。

Question:「カウンセラーが自分の意見を言ってもいいんですか? それはクライエントを操作することになりませんか?」

カウンセラーは自分の意見を言わずに、相手の話を聴くものだと誤解するのはわかるし、初学者にはありがちな質問だ。

でも。

でも、だ。

ちょっと考えてみてほしい。

例えば、肩コリで悩んでいる人がマッサージを受けに行ったとする。

Aというサロンでは、肩のコリを訴えると、肩の部分だけをマッサージする。一旦良くなったように感じるけど、また日常生活に戻ったら、肩がこる。その度にマッサージに行く。その繰り返し。

Bというサロンでは、肩のコリを訴えると、身体の全体を見てくれて、その肩のコリが肩そのものではなく肩甲骨の硬さから来ていると説明してくれる。肩こりが起こる原理と、日々行うといいストレッチを教えてもらい、少しずつ自分で肩こりに対処できるようになる。

さて、あなたはどちらのサロンに通いたいですか。

こう聞いたら、きっとBと答える人の方が多いのではないだろうか。

Aは、クライエントの悩みをただ、うんうんと聴くカウンセラー。

Bは、クライエントの悩みの成り立ちを専門的な知識を使って解説し、取り組むべきポイントを伝えてくれるカウンセラー。

今度、冒頭の疑問を持つ臨床家の卵に出会ったら、こんなふうに説明してみたいと思う。

Answer:さて、あなたはどちらのカウンセラーになりたいですか。

伝わるかな。うまく伝えられるといいけれど。

自分自身でいる、ということの輝き:映画「ある少年の告白」

GWは、映画をたくさんみました。

自分自身でいるということは、決して簡単なことではない。

でも、自分自身でいることは、尊くて美しい。

そんなメッセージが込められた映画は、いくつかありますが、この作品もその一つだと思いました。


映画『ある少年の告白』予告編(90秒)

同性愛者への偏見は、決して対岸の火事ではないと、私は思っています。

自分自身として生きようとすることを恥(shame)だと言われた経験は、性的指向に関することに限らず、結婚していない人たち、正社員として雇われていない人たち、学校に行っていない人たち、親と良好な関係が持てない人たちにも、多かれ少なかれあるものです。

自分自身として生きることは、親とのつながりや、友人や恋人とのつながり、社会に所属しているという感覚を脅かす場合もあります。

つながりを維持するために、自分らしさを捨てるか。

自分らしくあるために、つながりや居場所を捨てるか。

どちらかを取らなくてはならない局面で、一体どちらを選べばいいのか。

簡単に答えが出る問題ではありません。

しかし、あなたがあなたであるということを、あなた以上にわかっている人なんて、一体どこにいるのでしょう。

親でもなく、神でもなく、あなたらしく生きることをご自身に許可できるのは、あなた自身なのだということ。

そして、自分自身であるという生き方を選べば、つながりと居場所は新しい形で自ずと手に入るのだということ。

主人公のあり方を通して、そんなメッセージを私たちに伝えてくれる作品だと思いました。

顔は感情の舞台:その美しさと儚さと力強さ。

心理学者のP. Ekmanは、「顔は感情の舞台である」と言った。

カウンセリングでも、感情と切り離された言葉の代わりに、真の感情を伝えてくれるのは、顔である。

眼差し。噛み締められる顎。引き結ばれる唇。寄せられる眉根。こぼれ落ちる涙。ため息。

クライエントの心模様が、カウンセラーには見える。

 

一生懸命に、悲しみを覆い隠そうとする笑顔はとても美しい。

顰められた眉に見える困惑や心細さに震える瞳は、支援者側を奮い立たせる。

「この人のためにできることは何か」を真剣に心に問かけさせる。

だから、どうぞ、せめてカウンセリングの場では、顔に語らせることを許してあげてください。

感情と必死に戦っている人の表情は、決して滑稽なものではない。

感情のせめぎ合いを正直に映し出す人の表情は、人の胸を打つものです。


難破船 中森明菜

冒頭、彼女の瞳によぎる動揺と困惑、心細さ。

歌い出す前、目を閉じた彼女の心にあったであろう覚悟。

浮かんでは消える痛みと悲しみ。

それを覆い隠す厳しいまなざし、閉じられる瞳。

堪えきれずに溢れる涙。

時折、湛えられる笑顔。

 

一人の女性としての明菜さんと、表現者としての明菜さんの存在そのものがせめぎ合うようで、見ていると胸が張り裂けそうになるのに、決して目をそらすことができない。

彼女がとても美しいから。

そして、彼女を傷つきのなかに、一人にしておくことができないと思うから。

 

ただ美しいだけの映像でもないのも事実です。

二番に入る直前の瞳によぎる移ろいは、意識が飛びそうなんじゃないかと気が気でなくなる。

彼女の心の中に吹き荒れる暴風が、一瞬垣間見えるような気がする。

最後に、自分の頭を小突きながら見せる笑顔はあまりにも健気で、見ている方が涙してしまいます。

この明菜さんを美しく愛おしいと思った人は、きっと多いことでしょう。

でもこの美しさは、せめぎ合う感情と戦うどの人の顔にも見られるもので、その愛おしさも、見つめる側にきっと、こみ上げるに違いない気持ちなのです。