Talk to Your Heart

emotions are colors of our lives

心の病は恥ではない。

www.ted.com

一つ前の記事に貼り付けていた動画ですが、この動画の紹介のために一つ記事を書こうと思い、修正しました。

カウンセリングを生業にしていると、時々「メンタル弱い人の話聞くなんて大変そう」と、同情されることがあります。

この言葉には、一般的は精神疾患に対する無知、偏見、誤解がよく反映されていると思います。

私は、精神疾患はかさぶたのようなものだと思っています。

過酷な環境、つらい対人関係、自分の価値を信じられなくなるような体験。

そういうものに一人きりで直面し、対処しようとして、傷ついてボロボロになった心と身体にできたかさぶたです。

傷つく前の皮膚のように、肌色で滑らかなものではなくなったかもしれません。

赤黒く膨らんだ様子を「みっともない」と思うかもしれません。

でも、かさぶたは、傷を治すためにできるものです。

無理に剥がしたりしないで、時間をかけることも大切です。

治りかけのかさぶたを剥がそうとする乱暴な言動から、距離をおくことも大切でしょう。

心の傷から生まれる精神疾患というかさぶたは、確かに、身体についた傷とは治し方が違います。

ゆっくりでいいので、傷つきの体験を消化して、傷つきを自分の一部として受け入れること。そして、他者とのつながりを感じられること。

このふたつが特に大切です。

一番いけないのは、かさぶたを恥じて、隠すこと。かさぶたのある自分自身を恥じて、周りの世界とのつながりを絶ってしまうことです。

動画の男性ほど、堂々と自分の病について話すことは難しいかもしれません。

でも、信じてください。心の傷も精神疾患も、まったく恥ずべきではないものだと。

それらは、あなたの命を守った防波堤、あなたが生き抜いてきた証なのです。

シェイミング(shaming)を知って自分を守る。

2つ前の記事で、恥(shame)について書きましたが、相手をコントロールしようとしてその相手に恥を植えつける行為をシェイミング(shaming)と言います。

例えば、部下に対する「お前の変わりなんていくらでもいる」「誰のおかげでこの仕事が取れたと思っているんだ」などという上司の発言はshamingの典型例です。

これは、相手に自分の言うことを聞かせるために、相手を無力化し貶める効果を持ちます。こうした言葉を発した本人が、必ずしもそれを自覚できていないというのも、このshamingの恐ろしいところです。

「そんなつもりはなかった」と言い訳ができてしまうのです。

恥を植えつける行為は、しつけや教育、トレーニングの中にも自然に使われているので、私たちはその影響をあまり自覚することがないかもしれません。

でも、こうした言葉は、向けられた相手の自己価値を揺さぶります。家族や友人、信頼できる同僚など、周りに十分なサポートがなかったら、相手の心を壊してしまうほどの破壊力を持つものです。

こうした言葉から、自分の心を守るためにも、shamingという行為があることを知っていただけたらと思います。

shamingを行う人自身が、劣等感や自信のなさの塊であることも多いのです。

自信や実力のない人ほど、このような形で相手をコントロールしようとします。

そうするしか、相手に言うことを聞かせる方法がないからです。

そして、大抵は的外れであることが多いのです。実力のある人、誠実に仕事に取り組んでいる人にも、こうした言葉は向けられます。

ぜひ、信頼できる人には「今日こんなことを言われてしまった」と打ち明けて見てください。

恥は、沈黙の中で培養されます。黙っていると、本来的外れな評価が、どんどんあなたの価値を蝕んでしまいます。

信頼できる人に話して、思いっきり否定してもらいましょう。

自分を守り、成長させていくためには、聞く価値のある批判と、聞くに値しない単なるshamingを、しっかりと分けていくことはとても大切だと思います。

自己肯定感と“内なる批判(inner critic)”

自己肯定感を持てない人の多くは、“内なる批判(innner critic)”に苦しんでいます。

内なる批判とは、自分の言動、容姿、才能、社会的地位、ひいては自己の全体にまで及ぶ批判の声です。

「何をやってもダメだ」「劣っている」「何もできない」「どうせ失敗する」

そんな言葉で、自分自身を貶める。

なぜか、私たちの心はそんなふうに働いてしまうことがあります。

psychology todayというサイトでも、この内なる批判に関する記事が紹介されていました。

www.psychologytoday.com

この記事では、内なる批判に対しては、自分への思いやりと共感が大切だと書かれています。確かにその通りです。

ただ、これだけでは足りない場合もあります。

この内なる声が、過去に誰かから言われた声である場合、いつの間にか自分の中に入ってしてしまっているこの声に、出て行ってもらう必要があるからです。

何かを外に押し出すためには、もっと強力なパワーを持つ感情が必要になります。

それは、例えば、怒りや肯定です。

思いやりや共感だけでは足りないと感じるとき、その声に対して、こんなふうに言って心の中で境界を設けることが大切です。

「叱責はもうたくさんです。出て行ってください」

「あなたが思っている以上に、私にはできることがたくさんあります」

「私に必要なのは正当な評価です」

自分で言えないときは、他の人の声を借りるのも有効です。

内なる批判には、強さと優しさで立ち向かいましょう。

This is me への共感:恥(shame)について

大ヒット映画「グレイテスト・ショーマン」。

中でも、キアラ・セトルが歌う “This is me” に感動の涙を流した人は多いでしょう。

 

劣等感や自信のなさや、過去の傷つきに苦しんでいる人ばかりではなく、社会的に成功している女性も、容姿に恵まれた女性も、愛する家族に囲まれて幸せそうに見える女性も、「この曲を聴いて泣いた」「今でも毎日聴いている」と言います。

 


グレイテスト・ショーマン主題歌This is me(日本語字幕あり)

 

This is me は、恥について歌われた曲です。

恥にはいくつかの種類がありますが、この曲で歌われているような「見たくない」「完璧でないなら要らない」といったメッセージによって植えつけられた恥は、自己否定・自己批判を生み出し、人を孤立させます。

この曲が感動的なのは、この植えつけられた恥との決別を歌っているからです。

恥を植えつけてくるような言葉は、もっと強い力(怒り、誇り)で押し流してしまえと歌います。

 

傷があり、完璧でなく、むしろ人から忌み嫌われてきた自分を恥じる必要などない。

こんな自分ですみませんと謝る必要もない。

そのままでいい。それが私なのだから。

 

幸せそうに生きている人にも、自分を恥じるという感覚があり、その痛みを知っているからこそ、この曲に心を揺さぶられる。

ひょっとすると、大小の違いはあれど、誰の心にも、恥によってつけられた傷があるのかもしれない。

そう思ったら、なんだか人に対して優しくしようという気持ちになりました。

恥の痛みを知ることは、ただ苦しいだけではなく、人に対する優しさを育んでくれる体験になるものだと思います。