emotion laboratory

感情は人生の羅針盤

祈り、希望、いのち。

ある日、かじかむ手でひねった蛇口から、当たり前のようにあたたかいお湯が出てきて、ほっとしたと同時に、ごくごくわずかな罪悪感が胸を刺しました。

先の震災や、先日の大雪での山梨県の被害状況を見ていると、当たり前の日常の有り難さを思います。

寒さで凍えている人がいるかもしれないのに、と、ほっとした自分を戒める声が、ふと胸に去来したのでした。

この罪悪感は、多くの人を震災直後に現地へと向かわせた原動力のひとつでした。

現地へ行くことはできなくても、募金や献血、物資を送る、節電に努めるなど、めいめいが、何かできることはないかと考えていました。

何かしたい、だけど、いったい何をしたらいいだろう。

そんな混乱のさなか、我に帰らせてくれた一片の詩がありました。

わたしは

わたしの人生から

出ていくことはできない

ならば  ここに

花を植えよう 

てつがくのライオン―工藤直子少年詩集 (詩の散歩道)

てつがくのライオン―工藤直子少年詩集 (詩の散歩道)

 

感情に突き動かされて、気づいたら身体が動いていて、結果的にそれが誰かにとって大きな救いになることも、もちろんあります。

けれど、こんなときは冷静になるために深呼吸をして、自分の足元をみつめることにも、見過ごせない意味があるように思います。

この詩には、花というタイトルがつけられています。

花を植えるとは、祈ること、希望を持つこと。

そして、生きていくということが、象徴されているように思われるのです。