emotion laboratory

感情は人生の羅針盤

日本語とこころ。

言葉が滅びるとき、文化もまた滅びる。 そんな話を聞いたことがあります。 文化と言うと大袈裟ですが、その言葉が示す生き方・態度・姿勢が失われていくという意味では、小さな文化的な死ということもできると思います。 心の持ち方や人が変化していくプロセ…

毒にも薬にもなる?:議論を呼ぶうつ病治療の試み

マジックマッシュルームに含まれる成分、シロシビン(psilocybin)を、うつ病の治療に活用する。 そんな画期的ではありますが、議論を呼びそうな研究がロンドンで行われました。 time.com アメリカの抗うつ薬と言えば、プロザックが有名ですが、プロザックが…

犬のココロ。

犬は、飼い主に冷たくした人からの餌は食べない。 これは、とても興味深い研究結果です。ちなみに、京都大学で行われた研究でした。 time.com この結果は、犬に、人(飼い主)が置かれた心理社会的な状況を理解する能力が備わっていることを指します。 ただ…

身体が語ること

相手の感情を読み取ろうとするとき、私たちは相手の表情に注目します。 それはもちろん有効な手段ですが、こちらの記事では、とても強い感情を、私たちは、表情よりも身体の動きで表していると指摘されています。 healthland.time.com 研究者たちは、強い感…

脳画像から感情を読み取る

脳画像から、感情を読み取る技術は、近年目覚ましい発展を遂げています。 脳神経科学の進歩と感情理論の発展は切っても切れない関係にあり、感情がどのように働くかを知るために、脳神経科学研究の知見は、欠かせないものになっています。 今回は、カーネギ…

依存症と気質の関係について

三つ子の魂百までという諺が、日本語にもありますが、ニュージーランドで行われたある研究では、3歳のときの様子を観察することで、その子が30代になったときに、薬物やギャンブルへの依存症に陥る可能性を予測できるという結果が示されました。 healthland.…

セラピーに必要なストレス?

あらゆる心理療法には、それぞれの強みと弱みがあります。 そのため、ひとつの流派のやり方にこだわらず、いくつかのアプローチを併用したり、組み合わせたりしてクライエントとともに問題解決を目指す、統合的あるいは折衷的な立場をとる心理療法家も少なく…

表情に普遍性はあるのか:P.Ekmanへの疑問符

Paul Ekmanという心理学者は、表情で表される感情は、文化や国籍を越えて共通していることを明らかにしましたが、近年では、この説に異論を唱える研究もみられています。感情の表出は、文化的な影響を大きく受けるというのです。 time.com この記事では、ナ…

動物から学ぶ感情:猫のコミュニケーション・スタイル

感情は、特定の機能と役割を有し、進化の歴史を生き残ってきました。 中でも大切な機能と役割のひとつは、“つなぐ”という働きです。 共生的な関係や信頼関係を築く上では、相手の感情を読み取ったり、自分の感情を相手に伝えたりといった感情の相互交流が欠…

被災後の心のケアに関する情報提供

熊本地震からひと月以上が経過しました。 心のケアの必要性に関する報道も、目立ち始めたような気がします。 headlines.yahoo.co.jp あれほど大きな災害を経験したのですから、心に変調をきたすのは、むしろ自然なことです。心の変調は、身の安全が確保され…

涙の科学 その3

涙の謎に迫る、こちらの記事のまとめの最終回です。 time.com その1・その2では、涙が何に由来するのかに関する理論の変遷や、涙の役割と機能に関する研究知見について、ご紹介してきました。 emotion-lab.hatenablog.com emotion-lab.hatenablog.com 最後に…

涙の科学 その2

ヒトはなぜ、感情による涙を流すのか。涙の持つ進化論的意味とは何か。 涙に関する記事の第2弾です。 emotion-lab.hatenablog.com 素材となっているのはこちら。 time.com ヒトはなぜ泣くのか。こちらの本に、8つの理論が紹介されています。 科学的に立証す…

涙の科学 その1

人はなぜ泣くのか、そして、なぜまったく泣かない人もいるのか。 涙の謎に迫った、とても興味深い記事です。 time.com 進化論の祖、チャールズ・ダーウィンは、感情を伴う涙を“目的のないもの(purposeless)”と主張しましたが、それからおよそ150年の時を経…

嘘は知性と想像力で磨かれる:嘘と認知的負荷(cognitive load)

先日、ご紹介した嘘に関する記事では、嘘をつくことにより、罪悪感などの感情的負荷がかかることが指摘されていました。 emotion-lab.hatenablog.com 一方、嘘をつくときには、辻褄を合わせる必要があったり、ついた嘘を自分で覚えていなければいけないとい…

オプトジェネティクスによって解き明かされる感情と記憶の関係

もし、嫌な記憶を消す方法があるとしたら、試してみたいと思いますか? (まるで、『世にも奇妙な物語』の冒頭のセリフのようですが) time.com 記憶には、思い出のように過去のアルバムにきちんと収まるタイプのものばかりではなく、例えばトラウマ記憶のよ…

嘘を語る唇、真実を語る瞳

目は口ほどにものを言う、という諺もあるように、時に私たちは、姿勢、仕草、表情、まなざしなどによって言葉より多くを語ったり、唇には嘘を乗せ、瞳に真実を映し出したりしています。 今回の記事では、相手の本心を見抜く方法が紹介されていました。 ポイ…

動物たちの情動システム:テンプル・グランディンの著作から

近年、心理学の領域では、感情を生存や適応のためのシステムとみなすことが一般的になりつつあります。 ヒト以外の動物についても、この“情動システム”という考え方は、もちろん当てはまります。先日もご紹介したこちらの本には、動物の情動システムについて…

蘭かタンポポか:orchid childについて

共働きの世帯が増加した昨今、多くの親御さんが期待する子ども像とは、どのようなものでしょうか。 物事に積極的で、好奇心旺盛で物怖じせず、どんな環境にもスムーズに順応する社交的で…つまり、“自分のことは一通り自分でできる、手のかからない子ども”と…

ストレスに関する基礎知識(後半)

TIME.comより、神経科学の専門家であるロックフェラー大学のブルース・S. マッキイエン(Bruce S. McEwen)教授のインタビューをご紹介する、後半の記事です。 healthland.time.com 一定の負荷(ストレス)が脳を強くする 動物を対象とした研究では、一定程…

ストレスに関する基礎知識(前半)

今回は、神経科学の専門家であるロックフェラー大学のブルース・S. マッキイエン(Bruce S. McEwen)教授のインタビューをご紹介します。 The Rockefeller University » Scientists & Research ストレスに関する興味深い記事でしたが、いつもより長めの内容…

感情処理のプロセス:右脳と左脳の働き

感情は、長らく心理学の歴史において、その価値と機能と役割の重要性を見過ごされてきました。 それは、心理学を科学的な学問とする場合、行動や言葉のように観察したり、測定したりすることが可能なものを対象とする必要があったからです。感情は、確かに感…

感情の理論から読み解く引き寄せの法則:サラとソロモン

今回取り上げるのは、こちらの本です。 books.google.co.jp 引き寄せの法則は、ポジティブ心理学とも共通することが多いですが、中には、悲しみや怒りといった感情は感じてはいけないといった感情に関する誤解を、読者や聴き手に与えるものもあり、諸手を上…

犬にも大切な感情調整

感情をめぐっては、人間だけではなく動物にも、とても興味深い話がたくさんあります。それも感情の魅力のひとつかもしれません。 こちらの本では、さまざまな動物の感情の世界が生き生きと描き出されています。邦訳もとてもわかりやすく、訳者の方が著者の動…

共感と社会的パワーバランス

共感能力の高さは、環境によって左右される。そんな研究が発表されました。 healthland.time.com この研究で、共感能力を測る指標となっているのは、“他者が感じている感情を正確に読み取る能力”です。この能力によって、私たちは、相手の感じていることにぴ…

幸せならよいわけではない?:日本人に役立つポジティブ感情とは

感情の感じ方や表し方は、国や文化の違いに影響を受けることが知られています。 今回は、ポジティブ感情に関する比較文化的な研究をご紹介します。 healthland.time.com こちらの研究では、“幸せ”、“喜び”、“誇り”、“強さ”という4つのポジティブ感情は、アメ…

統合失調症にも心理療法は有効か

先日、うつ病の治療や自殺の防止に、カウンセリングの効果が認められるという記事をご紹介しました。 emotion-lab.hatenablog.com emotion-lab.hatenablog.com 今回は、統合失調症の患者さんにも、薬物療法とカウンセリング(talk therapy)の併用が、最も有…

母親になる人にも大切な感情の話

日本でも最近、妊産婦のメンタルヘルスに警鐘を鳴らす調査が発表されました。 妊産婦、10年で63人自殺=うつ病など、東京23区で:時事ドットコム 母性神話が根強い日本において、周産期の母親のメンタルヘルスの重要性は、実際よりもずっと軽んじられ…

感情を読み解く技術を買う:Apple社の戦略

感情は、人と人だけでなく、人と馬や犬といった動物をも結びつける。 emotion-lab.hatenablog.com そんな研究をこれまでもご紹介してきましたが、人の心をつかむヒントが感情に隠れているということに敏感なのは、心理学者たちよりも、むしろIT企業の人たち…

自殺防止の取り組み:デンマークの例に学ぶ

自ら命を絶つという行為を、私たちはどれだけ止めることができるのでしょうか。 一時期は3万人を超えていた国内の自殺者数は、減少傾向にあるとはいえ、昨年も24,025人もの人が自ら命を絶ちました。 平成27年の状況|自殺統計に基づく自殺者 - 内閣府 今回ご…

嵐を起こす女性、過ぎるのを待つ男性

パートナーとよい関係を保ち続けるために必要なことは、何でしょうか。 それは多くの人が知りたい・実践したいと望む一方で、仕事や家事、育児の忙しさにかまけて、最もおろそかになりやすいものかもしれません。 ある研究では、相手の感情を読み取り、共感…

愛と感謝はあたたかい:Panasonicの実験動画から

昨日は母の日でした。 感謝を伝え、伝えられ、優しい気持ちで1日を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。 ここのところ、TIME紙に掲載される感情に関する記事を紹介することが多かったので、今回は、日本で行われ、少し前に話題になったある実験動画…

不安を味方につけるには

先日の記事では、想定されうるリスクを回避するために役立つという不安を感じることのメリットについて触れましたが、今回ご紹介する記事も、「不安は、あなたにとって良くない感情でしかないのでしょうか?」という問いかけから始まります。 下記のリンクの…

不安を和らげる方法:ポジティブな気持ちを高める

私たちが、日常の中であまり感じたくないと思う感情の一つに、不安があります。 不安を感じるからこそ、私たちは、翌日のプレゼンの準備や練習を入念に行ったり、集合時間を確認したりと、何らかの事態に備えてリスクを回避する行動をとることができます。し…

うつには、薬と心理療法の併用が効果的。

うつ病には、お薬を服用するだけよりも、抗うつ薬と心理療法の併用が効果的であるという認識は、一般的になりつつあるようです。 同様の話題が、以前NYTimesでも取り上げられていました。 time.com ここで、心理療法として紹介されているのは、認知療法です…

光は、うつ病にとっての希望の光?

希望(hope)は、光に例えられることも多いですが、うつ病の苦しみのひとつに、寄る辺なさ(hopelessness)の感覚があります。 希望が光であるというのは、あくまでも比喩ですが、こちらの記事では、季節性のものではないうつ病にも、物理的な光が有効である…

愛の効果

先日、心の痛みの身体の痛みは、脳の同じ場所で処理されることについて書きました。 emotion-lab.hatenablog.com ここでは、鎮痛剤が心の痛みを和らげる作用を持つことにも触れましたが、今回はその反対、つまり、愛には痛みを和らげる効果があり、しかも愛…

感情を調整する:スキルとして、生活の一部として

今回の記事は、感情調整の能力に関するものです。 感情調整の困難や機能不全は、近年、さまざまな精神的な不調の背景にあるものとして注目されており、感情調整の能力を高めることは、心理療法の目的の一つにも挙げられています。今回の研究で、セラピストの…

表情というコミュニケーション・ツール

過去にも触れましたが、近年の感情理論においては、ヒトの基本的な感情は、幸せ(happiness)・驚き(surprise)・悲しみ(sadness)・怒り(anger)・恐怖(fear)・嫌悪(disgust)の6つであるとする考えが一般的です。 emotion-lab.hatenablog.com 今回ご…

虐待は子どもの脳にどんな爪痕を残すか

ヒトは生理的早産と言われるように、非常に未熟な状態で生まれてきます。 ヒトの脳は、出生後も成長を続け、小学校低学年くらいでは、まだ脳は発達の途中にあることが知られています。そのため、幼少期の虐待は、発達途中の未完成の脳に大きな爪痕を残します…

EQ(emotional intelligence )を高めるために必要なこと。

日本のお母さんも、息子と娘では、話しかけ方に違いがあるでしょうか。 経験的にはありそうな気もしますね。 今回の研究では、母親たちが、息子よりも娘に対して、感情にまつわる言葉や内容を多く語りかけていることが明らかになりました。 time.com 子ども…

アルコールが脳に与える影響:感情の判断に関して

アルコールへの依存は、心身の健康を脅かすだけでなく、社会的な信用や日常の親密な対人関係にも悪影響を及ぼすことが知られています。 こちらの研究では、アルコールには、脳内で起こる感情の処理を仕方を変えてしまう作用があることが明らかになりました。…

表情筋と共感性の関係

海外ドラマ「lie to me」でも、このボトックス注射と表情による感情表出の関係が取り上げられていました。 この記事では、ボトックス注射を受けた人は、他者の感情を読み取りにくくなる可能性が指摘されています。 healthland.time.com 心理学者らによって、…

自分である、という感覚:A. Damasioへのインタビュー記事から

人はどのようにして、自分であるという感覚(sense of self)を発達させていくのか。 これが、今回ご紹介する記事のテーマです。 healthland.time.com 記事では、Antonio Damasio という著名な脳神経科学者の著作『Self comes to mind』(邦訳:自己が心にや…

思いやりが身体にも良い理由。

写真が愛らしく、つい目をとめてしまった記事です。 healthland.time.com 今回の記事で紹介されている研究は、ポジティブ心理学研究の第一人者である、Barbara Fredricksonによるもので、とても興味深いものでした。 Barbara Fredricksonの著作は、2つ邦訳も…

命の日

今日は、尾崎豊さんの命日です。 享年26歳。 彼に対する思いは、なかなか言葉にできない。 けれど、ただ一つ、間違いないのは、彼がいなかったら、彼の音楽と言葉と、生き様に出会えなかったら、私は今、ここにはいないということ。 彼の歌は、灯台の明かり…

赤ちゃんがコミュニケーションの手がかりとするもの

赤ちゃんが、他者の感情を同定する際の手がかりは、相手の白眼の部分にある。 そんなユニークな研究が紹介されています。 time.com この研究がとてもユニークなのは、ヒトという種が霊長類のなかでも唯一、眼の白い部分がみえる動物であることに注目している…

怒りに関する覚書

近年では、感情は、ヒトの生存と適応にとって欠かせないものであることが、脳神経科学の研究や進化心理学の観点からも支持されるようになってきました。 つまり、感情は、ヒトという種がこの地球上に生存するために必要だからこそ、備わっているものなのです…

女性にとって自尊心が大切である理由

先日、ストレス状況下において、女性はより共感的になるという内容の記事を紹介しました。今回は、それに少し関連して、DV被害や共依存のことについて取り上げたものを、いくつかご紹介します。 time.com Ray Rice insident については、下記をご参照くださ…

脳にとって、失恋は骨折と同じ。

心の痛みと身体の痛みは、脳内の同じ場所で情報として処理されている。 とても興味深い研究です。 healthland.time.com この記事で紹介されている研究者たちは、身体の痛みは、感覚的な要素と感情的な要素の2つから成ると考えています。そして、後者は、いわ…

人生は苦しい、とはっきりと歌うこと。

今年の初旬に、Compassion forcused therapy(以下、CFT)のワークショップに出た際に、とても印象に残った言葉がありました。 「人生は苦しい。だからこそ、思いやりが必要なのです」 日本語用のレジュメには、思いやりを“慈悲”と表現している箇所もあり、C…