Talk to Your Heart

emotions are colors of our lives

動物から学ぶ感情:猫のコミュニケーション・スタイル

感情は、特定の機能と役割を有し、進化の歴史を生き残ってきました。

中でも大切な機能と役割のひとつは、“つなぐ”という働きです。

共生的な関係や信頼関係を築く上では、相手の感情を読み取ったり、自分の感情を相手に伝えたりといった感情の相互交流が欠かせません。

「犬は人につき、猫は家につく」という言葉がありますが、やはり一般に、猫よりも犬ほうが感情の動きを読み取りやすいと感じられているのかもしれません。

動物学者のテンプル・グランディンによると、人と動物の共生の歴史において、人と犬は協力関係を、人と猫は利害関係を築いてきており、それがコミュニケーションの違いに反映されているそうです。

動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド

動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド

 

共に狩りをしたり、棲家を守ったりといった形で協力関係にあった人と犬は、顔の表情や声の調子で気持ちを伝え合う必要があったため、表情豊かで鳴き方のバリエーションも豊富な犬ほど人に好かれるといった淘汰圧がかかりました。

一方、被食種(主にネズミ)をめぐって人と利害関係にあった猫は、犬ほど人とのコミュニケーションに敏感になる必要がなかったと考えられています。そのため、猫は表情や鳴き声などを通したわかりやすい表現ではなく、身体の接触や、匂いや排泄物といった分泌物をコミュニケーション・ツールとして利用します。

残念ながら、人には猫が発するにおいからのメッセージを読み解くだけの嗅覚がないため、“におい”をめぐる行動から、彼らの気持ちを察することしかできません。

ペットの犬や猫が教えたはずの場所以外のところで排泄をするとき、その背後には、不安や攻撃性の問題があると、グランディン博士は指摘しています。

この本では、飼い主の女性の新しいボーイフレンドが家に転がり込んできたとき、飼い主の顔や持ち物に尿をかけた猫の話が紹介されています。これは、猫が“飼い主は自分のものだ”と、新参者(ボーイフレンド)に知らせるためのマーキング行動でした。

グランディン博士は「猫の排泄の問題は、実は情動の問題だ」と言い切っています。

これは、とても興味深い視点です。

マーキングは、「ここは自分の縄張りだ」という社会的シグナルですが、このシグナルには、自分の縄張りを取られやしないかという不安と、取られてたまるかという攻撃的な気持ちとが入り混じっています。

精神分析でも、排泄という生理的な現象に心理的な意味づけをしていて、自我の発達に肛門期(1歳半〜3歳頃)という段階を仮定していますが、こうした動物の行動と情動の関係について知ると、排泄と感情をめぐっては、トイレット・トレーニングにおける葛藤にとどまらず、進化論的な意味合いもあるかもしれない、と妄想が広がります。

猫や犬のコミュニケーション行動を観察することを通して、人の心を理解するための新しい枠組みを得ることができるかもしれません。

この探求は、もう少し続けてみたいと思います。

被災後の心のケアに関する情報提供

熊本地震からひと月以上が経過しました。

心のケアの必要性に関する報道も、目立ち始めたような気がします。

headlines.yahoo.co.jp

あれほど大きな災害を経験したのですから、心に変調をきたすのは、むしろ自然なことです。心の変調は、身の安全が確保されてから起こり始めるので、このタイムラグが、支援者や被災した当事者の方たちを困惑させるのかもしれません。

今回は、災害によって大きなショックを経験した心のケアや、災害により大切なものを失ったときの心の反応に関する情報をご紹介したいと思います。

ひとつめは、こちら。

災害支援者のためのハンドブック

静岡大学のHPからダウンロードできます。とてもわかりやすい表現で書かれていて、心が和むイラストにも、細やかな配慮が感じられます。

こちらは少し専門的ですが、とてもためになるサイトです。

jdgs.jp

専門家の支援を受けたいけれど、精神科の病院やクリニックは敷居が高い…。

そんなふうに感じていらっしゃる方には、大学の相談室もおすすめです。

例えば、こちら。

総合臨床心理センター

このように、臨床心理士養成の機関として認定を受けた大学院の中には、臨床心理士を目指して訓練中の大学院生が研修を行うための相談センターを設置しているところがあります。こうしたセンターは、いわゆる大学生が通う学生相談とは異なり、学外の方を対象としています。

訓練中の院生という点で、不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、カウンセリングやプレイセラピーは臨床心理士の有資格者や大学教員の指導のもとで行われますし、一般のカウンセリングに比べると、料金もかなり安価です。

注)ただし、医療機関ではありませんので、診断をしたりお薬を出したりといったことはできません。また、保険も適用外です。

個人的におすすめできる3つの情報を取り上げました。

参考にしていただければ幸いです。

涙の科学 その3

涙の謎に迫る、こちらの記事のまとめの最終回です。

time.com

その1・その2では、涙が何に由来するのかに関する理論の変遷や、涙の役割と機能に関する研究知見について、ご紹介してきました。

emotion-lab.hatenablog.com

emotion-lab.hatenablog.com

最後に、「涙を流したことがない」という人たちについて、考えてみたいと思います。

まだ予備調査の段階の研究ですが、ドイツの大学教授で臨床心理士でもあるCord Benecke博士は、120名の被験者を対象に、実際のセラピーに近いインタビューを行い、涙を流した人とそうでない人に、どのような違いがみられるかを調べました。

Cord Benecke博士が明らかにした内容は、次の通りです。

・涙を流さなかった人は、引きこもりがちが傾向が見られ、人間関係の描写にもつながりを感じさせるものが少なかった。

・涙を流さなかった人は、そうでない人に比べて、憤慨や怒り、嫌悪などの攻撃的なネガティブ感情を体験していることが多かった。

涙は、我慢するよりも流すほうがよいという認識が、一般には広まっています。

日本でも、あえて悲しい映画を見て泣くことを、最近では「涙活」と言ったりしますが、涙を流すことには心のデトックスや、心の筋トレのような作用が期待されると考えられています。

しかし、泣くことが健康に良く、泣かないことは不健康だという十分な証拠を示す研究は、実際はまだ存在しません。涙が健康に良いというのは、一種の迷信だという研究者もいます。

さらに、泣いた後には安堵感を感じられるという説も、涙の作用に対する過剰評価であるという指摘もあります。悲しい映画を見ることがいつも「泣いてスッキリ」という気持ちのデトックスをもたらしてくれるわけではなく、泣くことによってさらに気持ちが落ち込んでしまうということも、あるようなのです。

この点については、エモーション・フォーカスト・セラピーという心理療法の理論で詳しく解説されていますが、「流してスッキリする涙」と「どんなに流してもスッキリしない涙」があり、表現の形は同じ“涙”なのですが、元にある感情の質が異なるようなのです。

非常におおざっぱに言ってしまうと、例えば、前者は“悲しみの涙”、後者は“怒りが形を変えて表されている涙”として説明できるかもしれません。

本来は、泣くことではなく怒ることによって表されるべき感情が、さまざまな理由によって歪められ矯められてしまうとき、涙はデトックスの効果を失ってしまいます。

さらに、泣くことによってスッキリした感覚を持つためには、涙をもたらす感情にまずじっくり浸ることも大切です。これは、悲しい映画を見た直後よりも、映画を見終わって1時間半が経過したときのほうが、スッキリする感覚が強まるという実験結果から示唆されています。

この結果を受けて、研究者は「泣くことの良い影響が定着すると、強い感情から立ち直るための効果的な方法になり得る」という可能性を指摘しています。

強い感情に耐えたり、強い欲求を我慢したりすることは、心に負荷をかけるようでよくないというイメージを持たれるかもしれません。ですが、犬の感情調整に関する記事でも触れたように、心も筋肉と同様、負荷をかけることで強い感情に耐えられるようになることが知られています。 

emotion-lab.hatenablog.com

人間にとって、涙は、長い進化の過程において、ダーウィンが指摘したような“目的のない(purposeless)”なものではなくなり、自分の心の成長のためにも、そして、他者とのつながり、ひいては社会や集団の絆を形成するためにも、大切な役割を担うようになったのでしょう。

涙を無理に流す必要はありませんが、涙は表現できない気持ちを代弁してくれたり、相手の感情を和らげる効果も持っています。

時には、あふれそうな涙をぐっとこらえてしまわずに、その涙が果たそうとしている役割に、身をゆだねてみるのもよいのかもしれません。

涙の科学 その2

ヒトはなぜ、感情による涙を流すのか。涙の持つ進化論的意味とは何か。

涙に関する記事の第2弾です。

emotion-lab.hatenablog.com

素材となっているのはこちら。

time.com

ヒトはなぜ泣くのか。こちらの本に、8つの理論が紹介されています。

科学的に立証する術はないものの、SFのように楽しめる水生類人猿説に基づくものや、生化学者のWilliam Frey博士が提唱した説(泣くことによって、ストレスにより増加した血液中の過剰な物質を取り除くことができる)もあれば、より妥当性の高いものとして、“涙は社会的な絆や、人と人とのつながりを生み出す”という説もあります。

ヒトは他の動物に比べ、未熟で弱い状態で生まれてきます。

年を重ねて、ある程度のことは自分でできるようになっても、決して万能になることはできません。私たちは、いくつになっても、他者の助けを必要とします。

感情に関する研究を行っているJonathan Rottenberg博士は、涙は、自分の対処能力を越えた状態であるということを、自分や他者に伝えるシグナルであると述べています。

「つらい」とか「助けて」と言うことは難しくても、涙がこぼれ、相手が心情を察してくれたことによって、助けを得ることができたという経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。

さらに、このような“相手の心を動かす涙”と、“タマネギを切ったときに出る涙”とでは、成分に違いがあることも明らかになっています。

感情を伴う涙にはタンパク質が多く含まれていて、粘性が高いため、肌に留まりやすく頬をゆっくりと伝うのだそうです。これにより、他者の目に留まりやすくなるのだろうと、推測する研究者もいます。

これらの事実は、他者に働きかけるシグナルとしての涙の機能に、より説得力を持たせます。具体的には、以下のような涙の働きが挙げられています。

・涙は弱さの表現であり、弱さを見せることは、人と人とをつなぐきっかけになる。

・涙には、相手の怒りを和らげるなどの形で、他者を操作する機能がある。

・涙は、異性の性的欲求や怒りを抑制する。

涙にこのような社会的な役割があるとしたら、「今まで一度も泣いたことがない」という人は、社会的つながりを持つことに不都合や苦手さを感じているのでしょうか。

この点については、次回まとめてみたいと思います。